忍者ブログ
everything is going well!
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/10 まな]
[04/26 aiko]
[04/23 あやこ]
[02/27 恭子]
[02/27 恭子]
最新記事
プロフィール
HN:
yumiko.s
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1985/08/19
職業:
secretary
趣味:
travel,sports,picture
自己紹介:
i love family,friends,children,
travel,sports,music,movie,singing,
picture,museum,market,cooking,
talking with friends,cafe,book,pub,bath,
danmark,london,paris,japan,
something fun,and so on.....

mail:yumiko8191985@yahoo.co.jp

○管理人からのお願い○
当サイト上の全ての画像及び文章の無断転載・使用・複写を禁止させて頂きます。

Copyrights(c) 2006-2008
All rights reserved by yumiko.s
Copying, reusing and reprinting
from the website is prohibited without permission.
カウンター
22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


mic6-1.JPG























↓泊まったホテル(コテージ)は夜になるとこんな感じ!!!
mic6-4.JPG






















↓でーと?
mic6-6.JPG





















mic6-7.JPG






















モノクロも撮りました。
カラーとは雰囲気が全然違うけど、それもまたいい!!


グアムのサンセット
c015ab91.jpeg























朝、ホテルのレストランで。
左のおじさんの顔が、マンガに出てきそうな表情!
28b6b15a.jpeg

































うみはぼくたちのにわ
9d150edf.jpeg
























c4428cc5.jpeg
























 さて、楽しかったミクロネシアでの時間ももう終わり。
帰りのフライトは深夜の1時半。
空港まではホテルのバスで行く事になっていたので、
フロントの女の子にどうしたらいいか聞いたところ、
「11時半に部屋に迎えに行くから、部屋で待ってて」とのこと。

私たち3人は部屋に戻って、シャワー浴びて、パッキングして、
仮眠して、起きて、久々にじっくりと語り、
そんな最後の時間を過ごしていると、あっという間に時計の針は11時半。
まだ迎えの人は来ないけど、まぁ、タクシー呼んだって来ない島だから、
時間通りに来る事はないよねーと思い、話続ける3人。

そして時計の針は12時に。
飛行機は1時半。
ん、誰も来ないけどそろそろ大丈夫?
ちょっと心配になり、フロントへ様子を見に行くあいこ。

数分後、血相変えて戻ってきた。
「フロントに誰もいないんだけど!!!」

えぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!????

私たち、置いてかれた・・・・・・・

と、とにかく、荷物を持って外へ。
あいこが知り合いの日本人の人に連絡してくれて、とりあえずその車を待つ。
コンチネンタル航空と空港に電話をするも、誰も出ず!!!
あいこは緊張のあまりお腹痛くなる。
本当にこの待つしかない20分間は、生きた心地がしなかったー。笑

20分後、Hさんが車をすっとばして来てくれた。涙
その時、ちょうどホテルの人も来た。
なんと、私たちの名前はバスの乗車リストに載っていなかったらい!
しかもバスは11時に出たとのこと・・・・
お、恐るべし、途上国。

とにかく急がねば!!
Hさんの車に乗り込み、一路空港へ。
真夜中のジャングルを駆け抜けたあの15分間は、
まるでUSJのアトラクションに乗っているようでした。

12時45分。ポンペイインターナショナル空港着。
チェックインカウンターに飛び込むと、まだ前に人がひとりいた!
良かった!間に合った!!
ひとあんしんー♡
と、思ったのもつかの間。
係の人がやってくる気配が一向に無い・・・・。


え、なんか、おかしくない?



その辺にいた空港の職員の人に聞いてみると・・・

「え?チェックイン? もう閉まったよ。」


えぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
いやいやいやいやいや、
無理無理無理無理・・・・・・・・・・!!!!

だって飛行機まだあそこにいるじゃん!
無理なことないでしょっ!!?

しかし、手当たり次第その辺にいる係の人に事情を話すも、
「無理!」「ダメ!」の一点張り。
こんな小さい空港なのに・・・なんで融通利かないんじゃー!!

そしてついに私たちの前にボスが・・・・。
荷物検査の前にいる女の人。
ポンペイ人らしからぬチャキチャキした動き。
「あの、私たち、あの飛行機予約してるんですけど、
ホテルのバスが来なくて、カウンター閉まっちゃって・・・」

「What !? No no !!  You are late.」


やばい。
まじで日本に帰れないかもしれないと思った瞬間。
(多分、1時くらい。)


Hさんも、あいこも、わざわざ見送りに来てくれたマグ先生も、
しまいにはその辺にいた現地のポンペイ人の人も、
事情を説明してなんとか説得させようとしてくれたのにも関わらず、
「ダメ」「無理よ」の一点張り!!!!!!

何を言っても相手にしてくれず、
ついにHさんもあいこもお手上げ状態に・・・。

ていうか、この飛行機乗れなかったら次の便、2日後!
無理!ぜーったい無理!
仕事休めないし、会社に連絡出来ないし、家族にも連絡出来ないし、
ていうか、航空券取り直しでしかも正規料金だとグアムまでで10万だし、
そんなのぜーーーーったい無理っ!!無理!!!
飛行機はそこにあるんだから、物理的には絶対に乗れるはず!
とにかくこの女の人をなんとか説得できれば乗れる!

となると、最終手段は・・・・・・・・

お金 or  泣き落とし(笑)

ということで、本気で泣きそうな気分だったんだけど、
とりあえず、わたし泣いてみることにしました。

「I'm sorry・・・・・・・  泣
We didn't know ・・・・・泣
but、  We have to go back to JAPAN tonight !!!!」
みたいな。笑

今思い出すと最高に笑えるけど、
久々に命を懸けた数分間で、超必死!

しかし、やはり手厳しいボス。
「ふん、泣いたって無駄よ。」
みたいな感じで始めは完全にあしらわれておりましたが、
あきらめずに目で訴えながら、
時折、「I'm sorry・・・・・・涙」とぼそぼそつぶやいていたら、

ついにOK!!!!!!
チケット出してくれましたーーー涙
あーあきらめなくて良かった。

親友とのセンチメンタルな別れも、
「あいこっ、じゃあねっ、バイバイっ!!」みたいな感じで、
(タイの時と全く同じ・・・・笑)
飛行機乗り込んだら、ソッコーで離陸しました。

興奮覚めやらず、一睡も出来ずにグアム、そして日本へ。
無事に帰国出来たことに大満足で、
スーツケースとかちゃんと飛行機に乗ったか怪しかったけど、
それすらもうどうでもよかった。笑
(ちゃんと乗ってました〜)

そんなミクロネシアの旅です。
歴史が塗り替えられました。
しかしこんなトラブルも、あの海の美しさで全てチャラです!

こんな長い訳の分からない話を読んでくれた人、
どうもありがとうございます☆
今回の教訓 : 困った時は、とりあえずI'm sorry。
(恐るべし、途上国)
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c 35 Haslemere Av. All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]